息子の頭くらいのサイズの牡丹

乙訓寺で2000株の牡丹を堪能 長岡京春の観光まつり 2017年4月 



先週に引き続き、長岡京市の観光を楽しんできました。

10年以上前から阪急電車のポスターが貼り替えられる度に「今年こそは!」と思いつつ行けなかった、乙訓寺の牡丹!

去年の秋に「来年こそは必ずや!」と心に決めた、「2000株の牡丹」…ようやく実現しました!

長岡京春の観光フェスタ 2017 乙訓寺牡丹編


例年4月の中旬~下旬には見頃~満開という乙訓寺の牡丹。今年は桜もツツジもゆっくりでしたが、牡丹もゆっくりのようです。

息子の頭くらいのサイズの牡丹
息子の頭くらいのサイズの牡丹


ポンポンと大輪の花が咲き乱れる境内。それでもまだまだつぼみがたくさん残っていました。

境内に進むにつれすれ違う人たちの間からは

「見に来れて良かった」

の言葉が。



藤や八重桜との共演も有り、美しい光景が広がります。

深緑の紅葉も美しいです。

大輪の花に負けじと天を仰ぐタンポポもいじらしい。

乙訓寺と弘法大師


乙訓寺は推古天皇の勅願を受けて、十一面観世音菩薩を本尊とし、聖徳太子が開いたといわれています。

弘法大師にも深い関わりがあり、弘法大師こと空海と最澄が最初に出会われたお寺でもあります。境内には大師の像がどーん。

さらに早良親王がこの寺に幽閉されたというこのお寺。

京都の寺社を巡ると、弘法大師、早良親王とはあちこちで出会うのですが(本人にではありませんよ)、乙訓寺は非常にゆかりの深い場所でもあります。

境内には八幡宮もありますが、そういえば東寺にもありました。弘法大師と八幡宮は縁が深いようです。実際検索するといくつかのお話が…

重要文化財・毘沙門天立像

日限地蔵尊

普段は公開されていない毘沙門天立像。要予約で拝観することができるようですが、牡丹の期間は特別拝観期間となるようです。
私としたことが、牡丹に夢中でそのことを忘れていました(つまり、拝観していない)。帰ってうなだれましたとも…

小さい子どもも…

やっぱりお手入れが大変なのだそう。3~4人でお世話をされているらしい。一本一本、大きな花で倒れないように、添え木がされてあります。日傘は、直射日光でお花がダメになるからだそうで…まさに貴婦人ですな。

牡丹や毘沙門天像、そしてお寺…。渋いですよね。でも、結構子連れの方が多かったです。


中にはずっと石の上で歌っている女の子がいて、うちの息子と同じくらいなのになんと上手に歌うものか…と感心させられました(*´∀`)

境内は石畳が敷いている箇所が多く、ベビーカーを利用しての観光も無理がないと思います。牡丹のシーズンもよいですが、秋に訪れたときは緑の紅葉がうつくしく、そして静寂に癒やされる場所でしたので、ちょっとゆっくり癒やされたいときにはおすすめの場所ですよ♪

■乙訓寺公式サイト

http://www.eonet.ne.jp/~otokunidera/

■アクセス

阪急長岡天神駅より徒歩21分

■音楽素材

効果音: Senses Circuit(センシス サーキット)

http://www.senses-circuit.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA