長岡京「乙訓寺」で癒される の巻


乙訓寺といえば「牡丹」

今回は計画なしにいってきたので、牡丹の姿はありません。

シーズン中では2000株以上の大輪の牡丹の姿を見ることができます。
その期間は拝観料が有料となりますが、今回は無料で見て回ることができました。

動画ではお寺の雰囲気を撮影したものを、動画・写真での構成でご紹介しております。

住宅街にひっそりとたたずむ「乙訓寺」

このお寺は、聖徳太子が開いたといわれています。

休日の10時くらいでしたが、静寂に包まれ落ち着ける雰囲気。

地元の参拝の方がちらほら。

手入れが行き届いた境内で、日常を忘れる時間を過ごせました。

下の写真は樹齢推定400年から500年とされている、長岡京市の天然記念物のモチノキ。とっても立派です。

息子は持ってきたミニカーをあちらこちらで走らせ、最後は飽きた様子でしたが…(;’∀’)
大輪の花が咲いていれば、息子も楽しかったかもしれません。

境内は石畳が敷いている箇所が多く、ベビーカーを利用しての観光も無理がない感じでした。
小さなお子様がいるママもゆっくりできる場所ですね。

乙訓寺の公式サイトや、ほかの方のブログを拝見していると、とても興味深いお話が載っています。

「おー癒されるー!」というノリで見て回っていましたが、事前に知っているともっと違う角度で観察できたのでしょうね…

私的に「京都のITベンチャーで働く女の写真日記」さんの「乙訓寺 その1の見所と解説」が面白かったです。

また時間が取れたら、ゆっくり見て回りたいと思います。

■乙訓寺公式サイト

http://www.eonet.ne.jp/~otokunidera/

■アクセス

阪急長岡天神駅より徒歩21分

■音楽素材

効果音: Senses Circuit(センシス サーキット)

http://www.senses-circuit.com/